2015年02月12日

2月12日 部下の提案を喜ぶ

2月12日 部下の提案を喜ぶ



従業員の人びとが喜んで仕事をする姿をつくるには、上司なり先輩が、部下なり後輩の提案を喜んで受け入れるということが大切だと思います。

それがいますぐには実際に用いることができないような提案であったとしても、その行為なり熱意なりは十分に受け入れる。つまり、発案をすればするほど上司が喜ぶという雰囲気が非常に大事だと思うのです。


部下の提案に対して、「いや君だめだ」と言う。また来る。「ああ君、これもだめだ」と言うようなことでは、「提案してもムダだ、やめておこう」ということになり、決まった仕事しかしなくなってしまうでしょう。
それでは、進歩も向上も生まれてこないのです。


松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0212

【コメント】
弊社には、「一週二点改善提案」というものがあります。
どんな新人さんであろうが、自分が??と思うようなことがあった場合、日報に記入し、提出をする仕組みです。
「強制」ですのでね、、、嫌でも、「提案力」が身についていきます (^ー^)ノ



電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、世の中が不景気なのも、すべて社長の責任である 【一倉定】

会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/
  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 14:36Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年02月09日

2月 9日 一歩一歩の尊さ

2月 9日 一歩一歩の尊さ



仕事はいくらでもある。

あれも作りたい。これもこしらえたい、こんなものがあれば便利だ、あんなものもできるだろう、と次から次へと考える。


そのためには人が欲しい、資金が欲しいと願うことには際限がないが、一歩一歩進むよりほかに到達する道があろうか。

それは絶対にない。

やはり、一歩一歩のつながり以外に道はない。

坦々たる大道を一歩一歩歩んでゆけばそれでよい。策略も政略も何もいらない。

一を二とし、二を三として一歩一歩進んでゆけばついには彼岸に到達するだろう。

欲しいと願う人も一人増え、また一人増えてついには万と数えられよう。


一歩一歩の尊さをしみじみ味わわねばならぬ。

【コメント】
御意(ぎょい)!!!!!!!!!!!!!


松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0209


電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、世の中が不景気なのも、すべて社長の責任である 【一倉定】

会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/
  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 19:18Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年02月06日

2月 6日 正しい国家意識を

2月 6日 正しい国家意識を



昨今の国際情勢は、一方で“世界は一つ”と言いつつも、その一方で各国が過度の国家意識に立ち、自国の利害を優先してしまうため、対立や紛争が一向に絶えない。

それでは日本はどうかというと、反対に国家意識がきわめて薄いため、かえって問題が起こっているようである。

個人でも正しい自己意識、人生観を生み出し、自主性を持って生きていってこそ、そこにはじめて他の人びとに対しても、おごらず、へつらわず、仲よくつき合っていけるわけである。


国でも同じである。国民が正しい国家意識を持ち、他の国ぐにと交流していくことが大切であろう。“過ぎたる”もいけないが、“及ばざる”もいけない。

松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0206


電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、世の中が不景気なのも、すべて社長の責任である 【一倉定】

会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/
  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 16:17Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年02月05日

2月 5日 喜ばれる仕事(ボディ-ブロー)

2月 5日 喜ばれる仕事



仕事というものは、人びとに喜びを与え、世の向上、発展を約束するものだと考えれば、勇気凛々として進めることができると思います。

たとえば、麻雀の道具をつくっている会社の人が、麻雀をするのはよくないことだ、と思っていたら、その会社の経営はうまくいかないでしょう。

昼のあいだ一生懸命働いている人にとって、晩にする1時間の麻雀は気分転換になり、喜びになるだろう、その喜びのためにわれわれは麻雀の道具をつくって売っているのだと思ってこそ、堂々とその仕事をやっていけるわけです。

そしてその上に、一人ひとりが喜びをもって仕事を進めていけば、会社は自然に成功するはずだと思います。

松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0205


【コメント】
世の経営者さま方とお話しをさせていただいていると、パート意識、使えないヤツだ、、、
とか、やはり、人に対する悩みが一番のようです。
それを、「ココ」に、少しでも向いてもらえるといくらかは変わるんでは?とお答えする時もあります。
でもね、、、本当にパート意識が強いと、お客さんの電話にも取らないし、自分からお客さんに電話をかけることもしない、かかってきた電話の用件さえ聞かない人もたまにはいます。
それはそれで、、、なんですけどね。

でも、、、いいですね。他の業種の方々は。
この業種、即効性のある手なんてのはごく限られています。後からボディーブローのように効いてくる手を打ち続けます。
それでもお客さまから「ありがとう」と言ってもらえるのは嬉しい限りですけどね。

黙々と、「お客さまのための仕事」をやり続ける。その途中に誰に何を言われても。
その積み重ねが、本当の意味での信用につながっていくものと、私は思っています。

そんなことを積み重ねて一緒に働いてくれている社員みんなもスゴいです。感謝感謝。



「人を頼る心があれば、本当の戦いはできない。人を頼り、数に頼る。その心にこそ、敗因の要因がある」

電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、世の中が不景気なのも、すべて社長の責任である 【一倉定】

会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/
  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 16:38Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年02月04日

2月 4日 企業は社会の公器

2月 4日 企業は社会の公器



一般に、企業の目的は利益の追求にあると言われる。

たしかに利益は健全な事業経営を行なう上で欠かすことができない。


しかし、それ自体が究極の目的かというと、そうではない。根本はその事業を通じて共同生活の向上をはかることであって、その根本の使命を遂行していく上で利益が大切になってくるのである。


そういう意味で、事業経営は本質的には私の事ではなく、公事であり、企業は社会の公器なのである。

だから、たとえ個人の企業であろうと、私の立場で考えるのでなく、常に共同生活にプラスになるかマイナスになるかという観点からものを考え、判断しなければならないと思うのである。

松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0204


【コメント】
個人事業主さま方、会社経営者さま方と接していると、この上記のような考え方を忘れていらっしゃるのではないのかなあ~~と思うようことがたまにあります。
自分自身の気持ちの整理でいっぱいいっぱい、「今、現在」の生きることにいっぱいいっぱいになっていると大局観を見失うと思います。
あまりにも素行が悪く関与停止させていただく経営者さんもたまにおられます。
そういう時私の判断は、やはり「ココ」です。
私の師匠からは、「もっとお客さんを大事にしなければ」と言われるんですけどね。
しかし、、、従業員さん、取引先に迷惑をかけ続けていることすらも自覚がない経営者さんとのお付き合いはできませんからね。



「人を頼る心があれば、本当の戦いはできない。人を頼り、数に頼る。その心にこそ、敗因の要因がある」

電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、世の中が不景気なのも、すべて社長の責任である 【一倉定】

会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 17:40Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年02月02日

2月 2日 まず好きになる

2月 2日 まず好きになる



「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、これは商売についてもあてはまります。


商売を繁栄させたいと思えば、まず商売にみずから興味を持ち、好きになることです。好きになれば努力することが苦にならない。むしろ楽しくなる。


そしてただお義理や飯のタネにするために事を運ぶというのではなく、誠心誠意それに打ち込む。そこにこそ繁栄への一つの道があると思います。

適材適所ということが言われますが、私は、適材適所とはそうした商売の好きな人が商売に当たるということであって、そうなれば千人が千人とも望みを達することも決して難事ではないと思うのです。


松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0202

【コメント】
この仕事が好きだ、、ということが前提で経営者達は商売を続けていると思っていたので、これを読んだ時に最初は面くらいました。
確かに、好きじゃなければ続けられないことも多々あります。
しかし、一回、始めた以上、好きではなくても続けなければならないのでは、、、と思います。

自分ひとりでやっているのであれば話しは別かもしれませんが、、、
しかし、その、
「ひとりでやっている商売でも、その商品、サービスを必要としている人達がいるはずだと信じて。」
つらいこと、商売をやめたくなることも多々あるでしょうけれども、、、頑張られてください。

電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、世の中が不景気なのも、すべて社長の責任である 【一倉定】

会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 11:01Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年01月30日

※ 1月30日 自分を飾らず

1月30日 自分を飾らず



私は、毎日の生活を営んでゆく上において、自分をよく見せようとお上手を言ってみたり、言動にいろいろと粉飾することは大いに慎みたいと思います。

これは一見、簡単なことのようですが、口で言うほどたやすいことではありません。

ことに出世欲にかられる人は、自分を他人以上に見せようとする傾向が強いようです。


しかし、人はおのおのその素質が違うのですから、いくら智恵をしぼって自分を粉飾してみたところで、自分の生地はごまかすことはできず、必ずはげてきます。

そして、そうすれば、そのときには一ぺんに信用を落とすことになってしまうのです。
私は、正直にすることが処世の一番安全な道だと思います。

松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0130

【コメント】
いろんな士業さんのホームページなどを見ていると、あれもできますこれもできますというような表示がしてある場合もあります。
確かに、着手はできるでしょう。
しかし、私達が本当にしなければならないことは、その経営者達のご機嫌取りでもなく、その商売が成功をするのか、その着手した仕事がどういう波及効果を生み、シナジーとして効率的な最良の結果を得ることができるのか。それに尽きると思います。

それが、期待以上の「感動のサービス」「ホスピタリティ」につながります。

この仕事、パッと見、間違っているようなものであっても、後々からボディーブローのように効果を発揮してくるような内容も多い。だから、やった仕事を認めてもらえないことも多いです。
だから、我慢なんですね。
「人のために尽くしたという充実感」 これなくては、こんなキツい仕事はやってられませんよ。
正直なところ。(^ー^)ノ


電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、世の中が不景気なのも、すべて社長の責任である 【一倉定】

会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/
  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 17:43Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年01月29日

1月29日 先憂後楽

1月29日 先憂後楽



先憂後楽」ということは、天下の人びとに先んじて憂い、天下の人びとに後れて楽しむという、為政者の心構えを言った昔の中国の人の言葉だそうである。

しかし私は、この先憂後楽ということは、単に為政者だけでなく、お互い企業の経営者としても、ぜひとも心がけなくてはならない大切なことだと考えている。

もちろん経営者とて、ときに休養し、遊ぶこともあるが、そのようなときでも全く遊びに心を許してしまわず、心は常に先憂ということでなくてはならない。

それは言いかえれば、人よりも先に考え、発意、発想することだとも言える。
経営者というものはたえず何かを発想していなくてはいけないと思うのである。


松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0129

【コメント】
時には全く仕事のことを考えず、、、と、言いたいところですが、何もかにもすべて仕事に結びつけてしまうんですけどね。
まあ、それはそれでいいんですけどね。



電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、世の中が不景気なのも、すべて社長の責任である 【一倉定】

会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 19:02Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年01月28日

1月28日 衣食足りて礼節を知る  「我慢」 

1月28日 衣食足りて礼節を知る



「衣食足りて礼節を知る」という言葉がある。これは今から二千年以上も昔の中国で言われたものだというが、今日なお広く使われているということは、そこに人間としての一つの真理があるからのように思える。

ところが、今日のわが国については、「衣食足りて礼節を知る」どころか「衣食足りて礼節ますます乱る」と言わざるをえないことが多い。

これはまさに異常な姿である。
われわれはいま、この世の中を正常な姿に戻して社会の繁栄、人びとの幸福を生みだしていく必要がある。

そのためには、まず自己中心のものの考え方、行動をみずから反省し、戒めあっていくことが肝要だと思う。


松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0128

【コメント】
何が自己中心的なのか、、、その受取り方も人それぞれいろいろな価値観もあります。
「その人のもっている正義」が、違う限り。

松下幸之助翁が言いたいこと、、、
それは行き着くところ、個々の「我慢」 だと私は受け取り、そう教えられているのだとと思いました。
我慢のレベルはまた、、、その置かれている人によっても違うと思います。



電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、世の中が不景気なのも、すべて社長の責任である 【一倉定】

会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/

  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 10:44Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年01月27日

1月27日 過当競争は罪悪

1月27日 過当競争は罪悪



お互いに適正な競争はやりつつも、過当競争はいわば罪悪として、これを排除しなくてはなりません。


特に資本力の大きな大企業、業界のリーダー的な企業ほど、そのことを自戒しなくてはいけない。小さな企業が少々過当競争的なことをしても、リーダー的な企業が毅然として正しい競争に徹したならば、業界はそう混乱しないでしょう。

しかし、もしリーダー的な企業が率先して過当競争を始めたのでは、あたかも世界大戦のごとき大混乱をもたらして業界をいちじるしく疲弊させ、その信用を大きく失墜させることにもなります。

企業が大きければ大きいほど、業界の健全な発展に対する責任もまた大きいと言えましょう。

松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0127

【コメント】
大企業病を患っている大会社も多い。中小企業は、少しの時間だけでもジッと出るチャンスをうかがうのも面白いかもしれません。
何をするにしても、「時」が重要です。しかし、「時が来る」のを待っているという意味ではありません。【よしやるぞ】と思った時が、「時」なのです。
法華経 如来寿量品 にある、爾時世尊《にじせそん》の「時」とはこういう意味ですから。



電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、世の中が不景気なのも、すべて社長の責任である 【一倉定】

会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/
  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 17:45Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年01月26日

1月26日 短所四分、長所六分

1月26日 短所四分、長所六分



人間というものは、誰でも長所と短所を持っている。だから、大勢の人を擁して仕事をしているのであれば、それぞれに多種多様な長所と短所が見られる。

その場合、部下の短所ばかりを見たのでは、なかなか思い切って使えないし、部下にしても面白くない。

その点、長所を見ると、その長所に従って生かし方が考えられ、ある程度大胆に使える。部下も自分の長所が認めてもらえれば嬉しいし、知らず識らず一生懸命に働く。

しかし、もちろん長所ばかりを見て、短所を全く見ないということではいけない。私は短所四分、長所六分ぐらいに見るのがよいのではないかと思うのである。

松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0126

【コメント】
まず、この話しは、「一定以上の社会人としてのバランス感覚」を持っている人に限られます。
それをもって、こういう考え方がある。理想像です。しかし、理想と放っておくわけでもありません。
絶対にやらなければならないのですが。

しかし、、、上場企業に青田刈りをされる中小企業の現実は、、「一定以上の社会人としてのバランス感覚」を持っていない人達が多い、、と嘆く経営者さん達がほとんど。
まあ、現実と向き合い、やっていくしかありません。人を大事に、人に向き合い、時には子供を教えるような気持ちを持ち続け。


電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、世の中が不景気なのも、すべて社長の責任である 【一倉定】

会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 17:08Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年01月22日

1月22日 長年のツケを払うとき(因果倶時)

1月22日 長年のツケを払うとき



戦後三十年間、政治の仕組み、教育のあり方、またお互いのものの考え方、生活態度の中に、知らず識らず、いろいろなムダや非能率が生まれ、増大してきた。

それがつもりつもって物価をジリジリと押しあげ、とうとう今日の事態を招来したのである。

お互いに考えるべきことを考えず、改善するべきことを改善してこなかった、長年のたまりたまったツケがまわってきたのである。

だれが悪い、かれが悪いと責めあっているときではない。


そのツケはそれぞれの分に応じて払わなくてはならない。その覚悟を真剣に持つことができるかどうか。そこがきわめて大切な点だと思うのである。


松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0122


【コメント】
「謙虚」「潔さ」などという言葉がピッタリですね。

やはり、仏教の因果応報、因果倶時を基調とした思考ロジックで、ものすごく共感が持てます。しかし、師匠ですので、共感するとかそういうレベルではないのですけれどもね。この人がこう言っているのであれば、黒だと思っていることも白にしなければならない。

まあ、この世の中、何か自分でおもしろくないことがあると、他人のせいにしたがる人達が多いのも確か。
だから、最低、自分の子供達には「すべて自分が原因だと思え」と教えているのですが。
頑張らなければ (^_^)v

会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 10:05Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年01月21日

1月21日 当たってくだける (他人基準)

1月21日 当たってくだける



ある時会社で社員が集まってさかんに議論している。
どうしたのかと尋ねると、「この製品を新しく発売するのですが、これが売れるかどうか検討しているのです」と言う。

そこで私はそれはさぐるより仕方がないのではないか。売れるか売れないかを、ある程度議論することは必要だが、ある程度以上は議論してみてもはじまらない。あとは“当たってくだけろ”だ。それは買ってくれる人に尋ねるより仕方ないのではないか」と言ったのである。

ある程度考えた後は、勇気を持ってやる。そういうことが商売だけでなく政治にも、その他あらゆる日常生活の分野においても、ときに必要だと思うのである。

松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0121

【コメント】
机上の空論、、、よくある話しです。
対人間対人間にもよくあることですしね。ゴチャゴチャと自分の気持ちの中で妄想ばかりしていても、勝手に決めつけをして迷っているくらいだったらその人と話しをしてみろ、、、のようなことです。

商売も、対人間関係も、その自分の一瞬の気持ちだけで、自分の価値観の中だけで判断をしたら、必ず損をします(経験値のうえ)
まずは、話してみる、やっていみる、それからの建設的議論であればそれ以上のことはないと思います。
「自分の気持ち基準」ではなく、「常に他人(顧客)基準」


会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 12:18Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年01月21日

1月20日 苦情から縁がむすばれる(釈迦が嘘をついた理由)

1月20日 苦情から縁がむすばれる



需要家の方からいただくおほめの手紙はもちろんありがたいけれども、苦情の手紙をいただくのもありがたいことだと思います。


かりに苦情を言わない方はそのまま「あそこの製品はもう買わない」ということで終わってしまうかもしれません。

しかし不満を言ってくださる方は、そのときは「もう買わない」というつもりでも、こちらがその不満を丁寧に扱って、不満の原因をつかむとともに、誠心誠意対処すれば、その誠意が通じ、かえって縁がむすばれる場合が多いと思います。

ですから、苦情を受けたときは「縁がむすばれる好機」と考え、一つの機会として生かしていくことが大事だと思うのです。

松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0120

【コメント】
実際のクレームとは話しが違うのですが、、、

「そうですよね~」これを言えない人達が多いですね。特に士業と呼ばれる人達は。
「嘘も方便」とも言います。 
方便品は釈迦が、小難しい「如来寿量品」を説く前に「嘘なんだけど」説いた経です。
なんとか人にわかってもらおうと思ったら、人を幸せにしようと思ったら、どんなことまでもしてもその人にわかってもらおうという気持ちももなろうかとも思います。

その一生懸命さが人の心を打つものだと思います。



会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/

  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 12:18Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年01月19日

1月19日 人情の機微を知る

1月19日 人情の機微を知る



人間の心というものは、なかなか理屈では割り切れない。理論的にはこうしたらいい、と考えられても、人心はむしろその反対に動くということもあろう。

一面まことに厄介といえば厄介だが、しかし、やはりある種の方向というか、法則的なものがあるとも考えられる。

そうしたものを、ある程度体得できるということが、人情の機微を知るということになるのだと思う。

では、人情の機微を知るにはどうしたらいいか。それはやはり、いろいろな体験を通じて、多くの人びととふれあうことである。

そうした体験に立ちつつ、常に素直な目で人間というものを見、その心の動きを知るということが大切だと思う。

松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0119

【コメント】
人や、人の心と向き合うには、自分も「素直」な気持ちで向き合わないと色眼鏡をかけているのと同じですからね。
「自分の価値観という色眼鏡」をかけては「そのもの」を見ることもできません。
そこに、「結果としての判断ミス」が生じると、後悔後悔、、、後悔先に立たず、、、ですからね。
「決めつける」とかなりラクなんですが。しかし、、、決めつけほど怖いものはありません。


会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/

  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 13:04Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年01月16日

1月16日 武士道と信頼感

1月16日 武士道と信頼感



昔、武士は庶民の上に置かれ、尊敬されていた。
これは一つには、武士が武力を持っていたからとも考えられるが、それだけではない。

やはり武士は道義に厚く、武士としての精神を忘れず、いわゆる武士道に徹することにより、庶民の信頼と尊敬をかち得ていたものと思う。

これは会社の中でも言える。経営者には経営者道、従業員にはいわば従業員道ともいうべきものがあると思う。

それぞれ当然やるべきことがある。

これをお互いに責任を持って貫いてゆくというところに、信頼関係の基礎があり、その信頼関係を高めてゆく推進力があるのではないだろうか。まずお互いの立場で、それぞれの道に徹したい。


松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=01


【コメント】
お互いに責任を持って、、、それほど楽しいことはないと思います。私は。
それにやり甲斐を感じ、一生懸命に仕事をしていた時期もありましたしね。
しかし、いつしか、、、心にも無いことを「引き締め」のために話さなきゃならないこともあり、、、
まあ、、、そんな感じです(^_^)v


会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/

  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 16:53Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年01月15日

1月15日 青春とは心の若さ (常に今から)

1月15日 青春とは心の若さ



青春とは心の若さである。信念と希望にあふれ、勇気にみちて日に新たな活動をつづけるかぎり、青春は永遠にその人のものである”

これは私があるヒントを得て座右の銘としてつくった言葉である。

当然ながら、人はみな毎年歳をとってゆく。それはいわば自然の掟である。
しかし私は、精神的には、何歳になろうとも青春時代と同じように日々新たな気持を持ち続けることができるはずだと思う。

その精神面での若さを失いたくないというのが、かねてからの私の強い願いなのである。特に最近は、心は絶対に老いさせないということが、個人的にも、また周囲の環境からも要請されていることを強く感じている。

松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0115

【コメント】
常に「今から」です。
TAEビジネス経営理念 http://www.tae-b.co.jp/philosophy/


会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/
  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 10:18Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年01月14日

1月14日 不景気またよし - 投下資本利益率

1月14日 不景気またよし



好景気は結構だが、不景気は感心しないという。
たしかに、その時点時点で見るとそうであろう。

けれども、そういう一コマ一コマであっても全体について見たら、不景気の過程もまた偉大なる生成発展の一つであるとも考えられる。

不景気のときには苦しく困難ではあるが、不景気なるがゆえにはじめて得られるものがある。
不景気になったために知らなかったことを知った、ある悟りを開いたということがある。それによって次の手が打てる。

だから不景気のときには、伸びているところも少なくない。そういう見方をするならば、不景気もまた結構ということになると思うのである。

松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0114

【コメント】
一般の方も商売人も同じだと思います。
何か本当に辛い出来事があったとして、それを嘆くよりも、いつまでもウジウジとしているよりも、外部環境や自分以外の他人のせいにするよりも、「成長できるチャンス」、逆に「自分自身が願ってその苦難を受けている」と考えることができれば、もっともっと楽しく、前向きに、「その苦難を絶対にムダにはしない」とういう気持ちで、次の儲け話を探せるのではないかと私は思います。

投下資本利益率という言葉はここだと思います。
商売人の皆様方以外、一般の方々も同じだと思います。

商売人であれば、銀行に頭を下げて借りてきたお金を有効利用もできるんだと思います。
【ムダにはしない(効率、利率)】



会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/
  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 13:49Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年01月13日

1月13日 枠にとらわれず

1月13日 枠にとらわれず



私たちは仕事を進めていく際に、ともすれば自分で自分の枠を決めてしまってはいないか。
たとえば、ラジオのデザインにしても、元来、デザインは固定したものでないのだから、三角でも円でもよいはずなのに、ほとんど箱型である。

このことに限らず、不思議なことに人間は自ら枠をつくり、その中に入ってしまうという悪い傾向がある。
これも自己を保有する一つの行き方かもしれないが、窮屈な枠の中で窮屈なものの考え方をしていては、心の働きも鈍くなり、自由自在なよい智恵が出てくるものではない。

ものにはいろいろな見方がある。時と場合に応じて自在に変えねばならない。そこにこそ発展が生まれるのである。

松下幸之助 一日一話 | 会社情報 | パナソニック企業情報 | Panasonic http://panasonic.co.jp/founder/words/?date=0113


【コメント】
それこそ、、、価値観の創造ですね。

会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 13:29Comments(0)松下幸之助 一日一話

2015年01月09日

1月 9日 雨が降れば傘をさす

1月 9日 雨が降れば傘をさす


 


経営者たるものは、すべて天地自然の理法に基づいて行動しなければならない。

これは何もむずかしいことを言っているのではない。たとえば雨が降ったら傘をさすということである。

つまり集金をせねばならぬところには集金に行く、売れないときには無理に売ろうとせずに休む、また売れるようになれば作る、というように大勢に順応するということである。

集金すべきところから集金もせずに、新たに資金を借りようとする人があるようだが、金を借りるのならば、まず集金に全力を尽す。

それでもなお資金がいるときにはじめて借りる、という至極簡単な当たり前のことを、どれだけ的確に行なうかが非常に大事なのである。

【コメント】
当たり前のこと、、、
「当たり前」、、、個々においての価値観は全く違います。的外れ、ポイントがズレているとかよくいいますが、、、周囲の状況などにふんどうされずに、大局観をもち、見定めていきたいものです。


会社に利益は存在しない。なぜなら利益というものは、会社が新たに創り出した価値なのだ。
新たな価値だけが新たなキャッシュフローを生出すのだ。【P.Fドラッガー】

すべての事業が真夏の太陽の下に咲くひまわりのように。。。
本日も価値創造です。
************************************
TAE(タエ)ビジネス・ソリューションズ合同会社
代表社員 和井内仁彦(わいないまさひろ)
020-0866 岩手県盛岡市本宮字大宮32-15
TEL:019-656-0155 FAX:019-656-0157
DGアドバイザーページ http://urx.nu/emAn
Twitter: http://Twitter.com/taebusiness
blog: http://blogs.yahoo.co.jp/taebusi0503
HP : http://www.tae-b.co.jp/
  

Posted by TAE(タエ)ビジネス@和井内仁彦 at 11:11Comments(0)松下幸之助 一日一話